女性のキレイを叶える

デブでも、腹筋を1か月で確実に割るための方法まとめ【食事・筋トレ・運動法】

お腹の脂肪を取り除きたい。できる事なら腹筋を割りたい。さらに欲を言えば短期間でそれを実現させたい。なんて欲望丸出しな方に、腹筋を割るための食事と筋トレ・運動をご紹介していきます。ただ、こちらでご紹介している方法は本気で取り組まないとこなせるメニューとなっていませんので、本気で腹筋を割りたいとお考えの方のみご観覧ください。

デブでも腹筋は割れている?!

まず、人間の腹筋は元々割れています。それは太っている人も痩せている人も一緒です。腹筋は健と筋で成り立っています。健は縦に一本中央に通っており、十字に切る様に横に健が何本か通っています。

※健は横に3本です。本来は8パックであるのですが、多くは下腹部の筋肉の発達が乏しいため6パックに見える事が多いです。

このように腹筋は太っていても痩せていてもお腹は割れています。腹筋が見えないのは腹筋の上に脂肪が乗っているため。よって、腹筋を割る、腹筋を見せるには脂肪を取り除けばいいのです。手っ取り早く腹筋を割るには体脂肪を落とす行為をすればいいのです。

ただ、それだけですと皆さんが想像している深い谷のある腹筋は作れません。深い谷を作るには健に囲まれている筋を大きくしなければいけません。腹筋も筋肉の一部ですので、筋肥大をする方法は他の筋肉と変わりはありません。基本は収縮とストレッチを繰り返す。そうする事で、筋肉は大きく成長をします。

しかし、理屈がわかっていても世間の多くの人は腹筋を割ることができないでいます。それはきちんとしたトレーニング方法と脂肪燃焼方法をしてない。学んでないからという場合が多いです。そこでここでは正しい方法をご紹介していきます。

デブが腹筋を割るまでの過程とは

腹筋を割る方法は先ほどご紹介した理屈で可能です。筋トレと脂肪を落とす運動をすればいいのです。ただ、太っている度合い、脂肪が乗っている割合によって筋トレをしたほうがいいのか、脂肪を落とす行為をしたほうがいいのか、判断をしなくてはいけません。目安としては体脂肪率を見て判断をします。体脂肪率が15%以上の方は脂肪を落とすことから始めてください。

筋トレなどをするよりも脂肪を落とすことから始める方が、効率よく腹筋を割ることができます。ただ、理屈はわかっていてもそれができるのかは別の話になります。

脂肪を落とすことがシンプル極簡単であって、誰もが成功するなら、これほど数多くのダイエット方法が生まれる事はなかったでしょう。それでも毎日のように新しいダイエット方法や商品がクローズアップされることからも、ダイエットの難しさが伺えます。では、そのダイエットを成功させるためにはどのような事に気を付ければいいのか紹介していきます。

腹筋を割るにはまずは食生活の改善

お腹周りについた余分なものを取り除くには、まずは自身の食生活を見直さないといけません。今の食生活をしていた結果、お腹に余分な脂肪が乗ってしまったわけですから、この部分を改善する事を最初に取り組まなければなりません。「食生活は痩せていたころと変わらない」と答える方も一緒です。食生活が変わってなくても普段の生活(運動レベル)が変わったために太ってしまう事があります。

では、そういった方は私生活を元のものに戻せばいいのでは?理屈はそうですが、これを実際にやるとなると大変です。もちろんできる方は以前の生活環境に戻せばいいかと思います。

ただ、多くの場合それは難しいことです。今の生活を変えると言う事は何かを犠牲にしなくてはいけません。例えば以前は週に3回程運動をしていたけど今はしてない。なぜ運動をしなくなったのでしょうか?様々な理由があると思いますが、多くは別の何かに時間を取られるようになったことによって、運動をする時間無くなってしまったのではないでしょうか。

この運動を復活させるとなると、その運動に変わっていた時間(仕事・勉強・子育て・家事など)をまた、運動の時間にしなくてはいけません。どうでしょうか?それが可能でしょうか?できる方はいいのですが、できない方は食生活の改善をしてください。

※具体的な食事内容などは記事の後半に記していますので、そちらを参考にしてください。

食事改善が済んだら有酸素運動を取り入れる

食事改善はあくまでもお腹周りに付いた脂肪を落とすための準備です。食事改善だけでは脂肪を落とす事はできません。巷にある食事改善だけで痩せたなどありますが、あれはあくまでも体重だけの話です。多くは脂肪を落とすのではなく、筋量を落として体重を減らしている事が多いです。

また、この食事だけで痩せる(筋量を減らしている)方法はリバウンドをしやすい体にもなりますし、リバウンドをすると以前よりもさらに体重を落とすことが難しくなります。体重の数字だけを追っていてはいつまでたっても理想とする体型にはなれませんし、歳を取れば取るほど筋量は自然と落ちていきます。筋量が落ちれば太るだけでなく、カラダの他の部分にも影響を与えます。話が逸れてしまったので、本題に戻します。

このように、エネルギーとして使用しない限り脂肪を落とすことはできません。よって、脂肪を落として腹筋を割るには必ず運動が必要になります。この脂肪をエネルギーに効率よく変換してくれる運動が有酸素運動となります。有酸素運動は無酸素運動と比べて脂肪をエネルギーに変えやすいと言われています。そのため、ダイエットなどでは有酸素運動が推奨されていることが多いです。

腹筋を割るにはどれほど脂肪を落とせばいい?

一概には言えませんが、腹筋が見える体脂肪率はだいたい15%前後。もしくは12%が目安となります。ただ、中にはこれ以上体脂肪があっても腹筋が割れているように見える方も居ますし、その反対も居ます。こういった現象が起きるのは、腹筋についている筋量の問題になります。

冒頭でも述べた様に、腹筋の筋量を増やせばその分深い谷を作ります。その谷は筋肉の上に乗る脂肪にも影響を与えます。例えば、ボコボコの表面に塗料を塗っても表面は平らではなくボコボコします。そのボコボコが浅ければ、塗料を何度か重ねれば消えます。

筋肉が鍛えられて溝を深め、塗料である脂肪はできるだけ薄いという状態がつまりは割れた腹筋の状態です。ある程度腹筋が鍛えられていれば脂肪が多少あっても割れて見えますし、鍛えられていなければ脂肪は少しでも割れて見えない場合があります。

よって、一概に体脂肪率15%でも腹筋が割れてない場合も。ですので、こちらで紹介している体脂肪率はあくまでも目安としてとらえて下さい。基本は自身のお腹の状態を見ながら、どれほど続けたらいいのか見定めてください。

短期間の筋トレでも腹筋は割れる?

上記の脂肪を落とすだけで腹筋を割ることも可能ですし、脂肪が元々少ない方は反対に腹筋の筋量を増やしてあげれば、腹筋を割ることも可能です。それは1ヵ月きちんと行えば、腹筋を割る事も不可能ではありません。もちろん先ほど紹介したように体脂肪率が低い状態の方のみに当てはまる事です。

また、効果は人それぞれ違いますので、絶対に効果があるとも言えません。これは腹筋だけでなく他の部位の筋肉も一緒です。人によっては反応がいい部位と良くない部位が存在します。ですので、一ヵ月やっても変化がない。変化が現れるのが遅い場合があります。しかし、反応が遅くても筋トレはやった分だけきちんと効果が現れるものであります(筋トレを始めてハマる人の多くの理由はここにあります。努力したらした分だけ結果としてきちんと現れてくれます)。

反対に、脂肪が多くついている人も短期間で脂肪を落とすことも不可能ではありません。例えば体重が75kg、体脂肪率が20%あるとします。この脂肪率だと腹筋が割れてない方が多いと思いますので、多くの方が目標にしている10%まで落とすとすると、脂肪だけで約7.5kg落とせばいいことになります。

この数字なら3ヵ月くらいあれば十分に落とすことが可能に思えますよね?1ヵ月約2.5kgです。現実的な数字だと思います。もっとハードに行えば体重の7%の体脂肪を落とすことも不可能ではありません。

例、75kg×7%=5.25kg。月に消費するカロリー=35000kca(l脂肪1kg=約7000kcal)

つまり、計算上は今までの一食から-388kcalに設定すれば可能となります

これが腹筋を割る筋トレメニューだ!3選

脂肪を落とす方法はわかりました。筋トレをしないといけないのも大体理解していただけたと思います。ここからはどういった筋トレが腹筋を割るのに有効的なのかご紹介します。ただやるだけでも一定以上の効果はありますが、やるからには効果を最大限に高めるために、フォーム、セット、頻度なども一緒にご紹介していきます。

いくつかトレーニング方法をご紹介していますので、ご自身が気になる筋トレメニューから行ってみてください。

脂肪燃焼効果抜群! ダイエットに超効果的な骨盤スクワットのやり方

やり方は上記の動画を見てください。こちらのスクワットはどちらかといえば女性や筋トレをしたことが無い初心者さんに有効なスクワットです。負荷もそこまで大きくないので、あまり負荷が感じられない方は別の筋トレを実践してください。

注意点としては上体を前後に揺らさないようにしてください。上体は真っ直ぐ保つようにしてください。上体を真っ直ぐ保つためにカラダのコアを固める様になりますので、腹筋にも効く上に下半身への負荷もきちんとかけられますので、下半身を意識するのも大切ですが、上半身の動きも意識してください。

※10回×3セットを基本にしてください。それ以上できる場合は、ウエイトを用いてスタンダードなスクワットを行うといった方法で高負荷のメニューに取り組むのが良いでしょう。

こちらの動画では、男性にオススメのスクワットと、女性にオススメのものの2種類のスクワットが紹介されています。こちらもチェックしてみてください。

また、ダンベルを用いて負荷を上げてトレーニングしたい人(主に男性向け)は、こちらの動画も確認してみてください。

毎日のプランクでインナーマッスルを鍛えて「痩せ体質」を手に入れよう

こちらはお腹を直接鍛える筋トレとなります。やり方はいたってシンプルです。カラダを真っ直ぐ保つようにします。基本はこれだけです。ただ、多くの方はお尻が下がったり背中を反ったフォームでプランクをされている事が多いですので、その点に注意して行ってください。

感覚的には若干お尻を上げる気持ちで行うと真っ直ぐな状態になります。できればやる時に動画を撮り、フォームを確認されるといいでしょう。

※1分×5セット

腹筋を鍛えたら必ず背筋も鍛えよう!

腹筋を割るには腹筋だけを鍛えるのではなく、スクワットの様に大きな筋肉(胸・脚・背中)を鍛える事で大きなエネルギーを消費する事ができるため、効率的になります。また、大きな筋肉が増えればその分何もしていなくても多くのエネルギーを消費するいわば「燃費の悪いカラダ」になるので、結果的に太りにくい体質にもなります。

実際のやり方は上記の動画を見てください。ポイントとしては、肩甲骨を寄せると下げる(お尻のほうに下げる腰を中心に集まるイメージに寄せる)これを意識するだけで背筋は鍛えられます。これは背筋を鍛える種目の基本的なポイントですので、他の背筋のトレーニングをする際にも覚えておくといいでしょう。

腹筋を割るための有酸素運動のポイントとは?

腹筋を効率よく割るには有酸素運動が大切だと述べましたが、もっと効果のある方法は筋トレをしたのちに有酸素運動をするものです。筋トレは代謝を上げる効果がありますので、その後に有酸素運動を行うと体脂肪を効率よくエネルギーに変換をしてくれます。

また、筋トレを最初に行う事で、カラダの中に蓄えられていた糖質・グリコーゲンを使ってくれるので、その後の有酸素運動では脂肪をエネルギーに変えてカラダを動かしてくれます。

筋トレをしていない状態で有酸素運動をすると、脂肪をエネルギーに変える前に糖質をエネルギーとして使用してしまうので、筋トレをした後の有酸素運動と比べて脂肪をエネルギーにするまでに時間がかかってしまいます。よって、腹筋を効率的に割るには筋トレをしたのちに有酸素運動を行うのが効率的なのです。

筋トレは先ほど紹介したものもいいですが、他には負荷が大きくかかる筋トレを選択するといいでしょう。種目などは胸・脚・背中などの大きな筋肉を使う方が糖質を多く使用してくれます。また、大きな筋肉(胸・脚・背中)が成長をすれば、その分エネルギーを大きく使う事にもなるので、今後腹筋を割った状態を保とう思うなら腹筋以外の大きな筋肉も鍛えておかなければなりません。

腹筋を割るためには食事制限が大切!

腹筋を割るには食事制限と運動(筋トレ+有酸素運動)が大事だと述べてきました。筋トレと有酸素運動に関する事は上記で説明をしてきたものを参考にしてください。こちらは食事制限に関する事を掘り下げていきたいと思います。

食事制限と聞くと、多くの方はカロリーを減らす事だけに注意がいくのではないでしょうか。カロリーを制限するのは大切ですが、そこからもう一歩奥に踏み込んでワンランク上の食事制限をしてあげると、腹筋を割る可能性がもっと広がります。では、実際にどのような事を気を付けて食事制限をすれば腹筋を効率よく割ることができるのかご紹介していきます。

糖質+脂質を抑える代わりにたんぱく質を多く摂取する

まず、総カロリーを計算します。計算ができましたら総カロリーからオーバーしないように摂取する栄養素を決めていきます。内訳はいたってシンプルです。人間に大切な三大栄養素の割合を決めてきます。タンパク質4:脂質2:糖質4の割合になる様に設定してあげるといいです。

成人男性が効率よく痩せるには、一日の摂取カロリーを2000kcal程度に設定すると良いでしょう。この場合「タンパク質・800kcal。脂質・400kcal。糖質・800kcal」といった内訳になります。これを基準に日々の食事内容を意識していきます。

具体的な食事内容は?

先ほどあげた内訳を守って食材を選んでいきます。ただ、選ぶときにカロリーのままですと食材にどれくらいの栄養素が入っているのかわかりません。ですので、まずはカロリーを各栄養素別にgに変更してあげます。タンパク質と糖質は4kcal=1gとなりますので、タンパク質と糖質は200gとなります。脂質は9kcal=1g。よって、脂質は44gとなります。これを基準に食材を選択してください。参考程度に食材を上げておきますので、食材選びの際に頭の中に入れておいてください。

・鶏の胸肉(皮なし)100g=22g(たんぱく質)約108kcal
・鶏もも肉(皮なし)100g=19g(たんぱく質)約120kcal
・サーロインステーキ(赤み)100g=22g(たんぱく質)約140kcal
・さば100g=20g(たんぱく質)約194kcal

などの食材が低カロリーで高たんぱくな食材となりますので、こちらの食材をメインに考えて食事メニューなどを考えるといいでしょう。メニューはクックパッドで食材を検索にかけるだけで数多くのレシピが見れますので、そちらを参考にしてみてください。

ただ、上記の食材ばかりを使用していると味に飽きているので、私が筋トレをしながら食事制限をしていたときも、結局行き着く先はシンプルに焼く料理になることが多かったです。調味料を工夫すれば、焼くだけのシンプルな調理でも味のバリエーションをそれなりに確保することが可能です。

メインの食材が決まったらあとは野菜を多く摂るようにすれば良いでしょう。野菜などはお腹いっぱいに食べてもほとんどカロリーがありませんので、糖質・炭水化物の代わりに多く摂ってください。また、野菜を多く摂ることで便秘予防にもなりますので、その点でも野菜の摂取は非常に重要です。ただ、野菜の中には糖質が多く含まれている物もありますので、注意してください。(ジャガイモ、にんじん、とうもろこし、などは極力避けて選択してください)

そこまで意識する事が難しい場合は?

上記のように腹筋を割るために日々意識しながら食事をするのは非常に大変だと思います。ましてや食事だけでなく筋トレに有酸素運動をしないといけないとなると、意志が強い方や以前そういった生活をしていたから慣れている方でない限り難しいかもしれません。

では、できない人は諦めたほうがいいのかと申しますと、そうではありません。そういった時こそサプリメントなどの補助食品を摂るといいのです。カロリーなどを意識するなら置き換えダイエットを活用してあげるといいでしょう。

置き換えダイエットで使用するものはなんでもいいと思いますが、できる限り食物繊維を豊富に含んだものや栄養素が豊富なものを利用しましょう。個人的にはすっきりフルーツ青汁などがおすすめです。

すっきりフルーツ青汁が初めての方に適している理由

一つはお試しができる事です。置き換えダイエットで使用する商品は約3000円以上する場合が多いです。購入を決めかねている方の多くはとっては少し高いと感じてしまいますよね。できる事なら、まずはお試しを試してから続けられるかどうか決めたいと考えるのが普通だと思います。

そして、それを実現可能なのが、すっきりフルーツ青汁です。初回限定で630円から始められるので、「高いけど、上手くいかなかったらどうしよう」といった不安感も無く始められます。腹筋を割る前の準備段階で満足してしまう事を避けるためにも、すぐに始められる手ごろな価格は非常に魅力的ですよね。

また、このフルーツ青汁は1ヵ月間試してみて効果が実感できない場合は、料金の返金に応じてくれます。つまり始めた方は商品を頼む手間や返金をしてもらう手間はありますが、価格によるリスクはありません。よって、置き換えダイエットで使用する商品を迷っている方にはおすすめです。

カロリー制限にフルーツ青汁が適している理由

お腹の脂肪を取り除くには筋トレと有酸素運動。この事に反対意見を言う方は居ないと思います。誰もがわかっている事ですし、実践をされている事だと思います。では、なぜ多くの方が成功せずに挫折をしてしまうのか、それは食事制限に対するストレスが大きな要因です。

本格的に食事制限、カロリー制限をされた事が無い方はご存知ないかもしれませんが、日頃食べていたカロリーや食事の量を変える事は大変なもの。なぜなら三大欲求の一つである食欲を制限するのですから、それは相当なストレスです。食事は生命維持に最も大切なものですから、それを精神論だけでどうこうすること自体非常に難しいんです。よって、多くの方がこのストレスに耐え切れず挫折をしてしまう事になります。

では、このカロリー制限をどのようにうまく乗り切るか。そこで出てくるのが先ほども紹介した置き換えです。カロリーに対するストレスに勝つにはそれ以上のストレスをカラダに覚えさせてあげる事が重要です。手軽にカロリー制限ができるので始めやすい(精神的なハードルが低い)というのがカギになります。一食をドリンクとして飲むだけ。手法が簡単なので、儀式的に日常に溶け込み、習慣化する事が可能なんです。

そして、習慣として置き換えはしないといけないという強迫観念にかられるようになります。悪い習慣(クセ)をやめられないのと同様に、置き換えの習慣がやめられない状態を自ら作り出すことが可能となるので、置き換えダイエットなど習慣化しやすい方法は、カロリー制限に最適な方法だと言えるでしょう。

そうは言っても本当に続けられるのか不安

フルーツ青汁が価格が高くて始められないという事はありません。カロリー制限は習慣化しやすいので、続けられやすい。とは言っても実際に続けられるのか不安。ここでいくら良いことを書かれていても、それは一人の意見。主観の入った意見となりますので、どうしても信用しづらい事だと思います。ですので、実際に使用している方々のコメントなどを紹介していきます。

フルーツ青汁などはどうしても女性のツイートが多くなってしまいますが、体重は減っている事がわかりますね。食事内容は生活習慣がどういったものかわかりませんが、以前のカロリーよりも減っている事によって、数値が落ちたと考えられます。こちらで使用するフルーツ青汁の目的はカロリー計算、制限を目的に使用するものですので、数値が落ちているという事実は非常に頼もしいですね。

@fruits.aojiru さんから頂いた @コスメ1位の 『すっきりフルーツ青汁』を 最近飲んでいます! お肌の調子が良いですよ~ #すっきりフルーツ青汁 #ファスティング #フルーツ青汁 #美肌

渡辺美奈代さん(@watanabe_minayo)が投稿した写真 –

フルーツ青汁? 青汁苦いイメージあるけど、コレめちゃくちゃ飲みやすい!! いろんなフレーバーで飽きないよー? @fruits.aojiru のフルーツ青汁は@コスメ1位の青汁だから安心? 初回がおトクみたいだから、買うなら今? #すっきりフルーツ青汁 #ファスフル #フルーツ青汁

mikittyfujimotoさん(@mikittyfujimoto)が投稿した写真 –

藤本美貴さんなど、芸能人の方も使用されているそうですね。他にも、渡辺美奈代、ぺこ、今井華、水沢アリーなどなど、たくさんの芸能人・モデルの方がすっきりフルーツ青汁をしようしています。その中でも、味に関して「おいしい」というコメントが特に多いですね。

置き換えダイエットは習慣化しやすい言っても、味が不味ければ続けることは非常に難しくなります。ただでさえカロリー制限というストレスがかかる行動をしているわけですから、できる限り味はおいしいものを選びたいもの。その点でも、味の評価が高いすっきりフルーツ青汁は優れた商品だと言えるでしょう。

たんぱく質を確保する

カロリー制限は上記の方法でクリアできます。ですが、カロリー制限、特に一食を置き換えるとたんぱく質の量が少なくなってしまいます。そこで、たんぱく質の摂取ですが、上記の量を食事だけで摂るのは非常に大変ですので、こちらもサプリメントを利用すると食事をそこまで意識しなくて済みます。こちらのサプリメントは多くの方が知っているプロテインもいいでしょう。

ただ、さらに効果を高めるなら吸収力に優れたビルドマッスルの併用をおすすめします。優れている点を細かく紹介すると長くなるので、ザックリ説明しますとアミノ酸の一部である必須アミノ酸ロイシンをもとに作られたHMBという成分が配合されている点になります。

このHMBによって、ロイシン同様に減量中の筋肉分解(カタボリック)を抑えるだけでなく、筋肉合成も促進させると言われています。本来減量と筋肥大は同時にできない。もしくは不可能に近いと言われていたのですが、それがこのビルドマッスルに含まれるHMBを摂取することで、その両立が期待できるとマニアックなトレーニング愛好家の間でも話題になっているのです。

アスリートやマニアックなトレーニング愛好家にも人気の「ビルドマッスル」ってどんなサプリメント?

ビルドマックスは上記で触れた様に吸収力が高く、筋肉分解をしづらくする効果が期待されています。腹筋を短期間で割る場合、有酸素運動をメインする方が多いと思います。有酸素運動は脂肪を燃焼しやすい運動でもあるのですが、同時に筋肉を分解しやすい運動でもあります。

有酸素運動が全ての脂肪をエネルギーに変えてくれればいいのですが、人間のカラダはそううまくできていません。特に持久系の有酸素運動(ランニング・水泳・バイク)は脂肪を多く燃やす代わりに筋肉も同時に分解してエネルギーに変化をしています。

そのため脂肪を落としながら筋量を維持しなくてはいけないボディビルダーやフィットネスモデルの方々は、ゆっくり体重を落とす。もしくは筋量を落とさないようにハードなトレーニングを行ってカラダに筋肉が必要だと認識させるようにします。ボディメイクのトップアスリートでも脂肪を落としながら筋量を増やすといった事は非常に難しいと以前は言われていました(多くは筋量の減少を最小限に抑える事で精一杯でした)。

しかし、最新の研究ではHMB群を摂ることで、以前は難しいと言われていた減量しながらの筋肥大に可能性があると言われるようになりました。この情報の多くはトップアスリートや玄人の方には広く普及していた情報でしたし、多くはあまり口にしなかったことでもあります。しかし、現在はネットの普及により現在は一般のトレーニング愛好家の目にも触れる様になり、現在は減量中のサプリメントとして多くの方が摂取するようになりました

どうしてビルドマッスルがオススメ?

HMBは他のメーカーからも発売されていますが、なぜビルドマッスルがおすすめなのか。理由の一つ目は摂取する際の状態です。ビルドマックスは他のHMBとは違って錠剤タイプであることです。持ち運びの際に粉末よりも錠剤のほうが楽ですよね。HMBの摂取するタイミングは筋トレ前と最中ですので、その際に手軽に摂れる錠剤タイプというのも人気の理由です。

また、ビルドマックスはHMBだけでなく他のアミノ酸(BCAA)も配合されていますので、アミノ酸のアンバランスを起こさないようにしてくれます極端に単体のアミノ酸が突出をしてしまうと他のアミノ酸の吸収が悪くなってしまいますが、その点にも配慮されているのがビルドマッスル。

通常、アミノ酸のアンバランス化を避けるために、多くのトレーニング愛好家は食材がどういった成分で構成されているのか調べたのちに摂取する食材やサプリメントを決めています。そういった筋トレマニアや玄人(トップアスリート)の方はHMB単体を摂ってバランス計算していますし、摂る量も一般の人とはかけ離れているので、ビルドマックスのような商品は使用しないことが多いです。

しかし、一般の人、ましてや腹筋を割る目的で運動を始める方がそこまで考えるのは現実的ではないですし、手っ取り早く簡単に効果が出たほうが良いでしょう。そこまでこだわると目的を失ってしまうばかりか、トレーニングが本業となってしまいます。よって、何も考えずに飲むだけで筋肉に必要なアミノ酸をバランス良く摂取できるビルドマックスがおすすめなのです。

摂取の手軽さやアミノ酸バランスの観点から見ても、「プロテインより早く・ラクに効果が出る」ことが期待できるビルドマッスル。「ビルドマッスルがあればプロテインはいらない」といった宣伝文句も、あながち間違いとは言えません。

今なら1か月分が500円で手に入る!? さらに完全返金保証つき!

効果に期待はもてるけど、実際に使用するとなると気になるのは価格だと思います。価格が高ければ使用するのも難しいです。しかし、ビルドマックスは初回限定で始めの一カ月間は500円のみで試すことができます。ただ、この500円のキャンペーンを受けるには3ヵ月間続けるトクトクコースで契約をしなくてはいけません。

また、最初の1ヵ月は500円で済みますが、その後の3ヶ月間は一つにつき5925円かかる事になります。ネット通販では、初回だけは安いけど、実際はコースで登録になるから料金は高くつくといったことはよくありますよね。しかし、ビルドマックスは違います。ビルドマックスの場合は万が一3ヵ月間試しても実感が得られない場合は、3か月分の料金を全額返金してくれるそうです。

これは、筋トレ用のサプリメントとしては物凄く珍しいキャンペーンです。それほど自社のサプリメントに信頼を寄せているのでしょうか。マニアックなトレーニング愛好家たちはサプリメントにかかるお金は必要経費だと思っており、お金に糸目をつけずに気になったサプリメントを使用する事が多いので、こういったサービスは非常に新鮮です。こういったキャンペーンで一般の人にも栄養の重要性がわかってもらえると、これからたくさんの人が痩せたり筋肉を付けていく効果を実感できるようになるでしょう。

サプリメント業界では中々無かった本当にすごい試みだと思いますので、少しでも試してみたいと思った方は一度試してみるといいのではないでしょうか。万が一効果がなかった場合は返金を申請すればいいだけなのですから。早速試してみたい人は下記リンクからチェックしてみてください。

ビルドマッスルの詳細を見る

以上が腹筋を割るための筋トレ・食事・運動内容でした。少しマニアックな内容もありましたが、基本的には食事制限で余分な脂肪をこれ以上付けない。筋トレで腹筋の溝を深める。腹筋の上に乗った脂肪を有酸素運動で取り除く。この三つだけです。シンプルですが効果は高いですし、この方法が基本です。ほかの方法はこれらをごちゃごちゃ混ぜたものでしかありません。よって本気で腹筋を割りたい方は、まずは1ヵ月愚直に実践してみてください