女性のキレイを叶える

最短で細マッチョを目指すならプロテインを飲め!種類と飲むタイミングを解説

最短で細マッチョを目指すならプロテインを飲め!種類と飲むタイミングを解説

細マッチョになるためには運動(筋トレ)に加えてプロテインを飲むことが効果的とされています。では、よりよい効果を得られるプロテインの飲み方と種類はどんなものでしょうか?今回はそれについて解説していきます。細マッチョになりたいメンズ必見の記事です!

細マッチョになるにはプロテインが絶対必要!? その理由とは

細マッチョを目指すには、筋トレなどのトレーニングとバランスのいい食事、そしてプロテインの組み合わせが重要なポイントとされています。どうしてプロテインが重要なのでしょうか?その理由は、プロテインは効率よく良質なたんぱく質を摂取でき、筋トレなどのトレーニングと合わせることで筋肉がつきやすくなるからです。

しかし、必要なたんぱく質の量は個人によって差が出てくるので、必ずプロテインを飲まなければいけない訳ではありません。例えば、激しい運動をしなかったり、デスクワーク中心の職業などでは、プロテインを飲まなくても、普段の食事でまかなえていることがあります。もし、普段の食事がバランスよく摂れているのなら、十分たんぱく質を体内に摂取できていることもあります。

その状態のままプロテインを飲むと、栄養を摂りすぎて逆に太ってしまう可能性もあるのです。そうなってしまうと、細マッチョを目指すには残念ながら程遠くなってしまいますね。ですので、普段の生活の中でどれだけ体を動かしたり運動したりしているか見直してみたうえで、プロテインを摂取するかどうか決めてくださいね。

たんぱく質は「筋肉の原材料」

たんぱく質は、わたしたちの肉体を作っている原材料です。また、「筋肉の原材料」でもあります。せっかく筋肉を付けるなら、効果的にたんぱく質を摂りたいですよね?そこで、効果的に摂れる「良質なたんぱく質」を紹介します。主に、新鮮な鶏卵や肉、魚、大豆などがあげられます。それらのたんぱく質を普段の食事の中でバランスよく積極的に摂ることと、筋トレなどのトレーニングを取り入れることで、筋肉がつきやすくなります。

食事だけでは不足しがちなたんぱく質をプロテインで補おう

先ほど記載したように、普段の食事でもたんぱく質を摂ることができますが、細マッチョを目指すとなると効率は悪くなります。炭水化物や脂質などの無駄なカロリーも付いてくるからです。そんなときは、プロテインで効率的にたんぱく質を摂ることをおすすめします。

普段の食事でたんぱく質を摂ろうと、並盛の牛丼だと1杯食べるとします。たんぱく質は約20g摂取できます。しかし、炭水化物は約98g、脂質は約22gも一緒に摂取することになります。カロリーは674kcalにもなります。一方、プロテインは1食でタンパク質が20g以上摂れます。また、炭水化物は約1~4gで、脂質も約1gなので、余分なカロリー摂取を心配することはありません。

プロテインの種類と特徴まとめ

一言でプロテインとは言えど、たくさんの種類があります。どれが細マッチョになるために効果を発揮するのか分からない人も多いと思います。まずプロテインは、牛乳の成分からできている「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」、大豆の成分からできている「ソイプロテイン」の3種類に分けられます。

牛乳に含まれるたんぱく質は、80%のカゼインと20%のホエイでできています。どちらをメインの成分にするかで「ホエイプロテイン」か「カゼインプロテイン」の2種類に変わってきます。「ソイプロテイン」を含めたプロテインが3種類もあるということは、もちろん効果も違ってくるわけですね。

味も問題なく、風味も飲みやすく加工されたお菓子のような美味しいプロテインが多いです。また、市販で売られているプロテインは粉末状のものが多いです。そのため、水や牛乳に溶けやすいかどうかがポイントになってきます。

それでは分かりやすく、それぞれのプロテインの特徴と飲むタイミングなどについてまとめていきます。

ホエイプロテインの特徴と飲むタイミング

まず、ホエイプロテインについてのまとめです。3種類のプロテインの中では最もポピュラーで、筋肉を増やすのに効果的と言われています。「ホエイ」とは、牛乳から乳脂肪分などを取り除いた水溶液、つまり「乳清」という意味で、このホエイプロテインは、牛乳を原料として作られています。ちなみに、ヨーグルトのいわゆる「上澄み」の部分がホエイの成分です。

ホエイプロテインの特徴は体内への吸収が早いことです。さらに、筋肉の生成や筋肉の分解を抑える上でBCAAと呼ばれている重要なアミノ酸を多く含んでいます。また、3種類のプロテインの中では1gあたりのタンパク質を含んでいる量が一番多いことも、ホエイプロテインの大きな特徴になっています。

ホエイプロテインは吸収が早いです。なので飲むタイミングは、筋トレなどのトレーニング直後。体がアミノ酸を欲しているときに摂取すべきプロテインです。

カゼインプロテインの特徴と飲むタイミング

次に、カゼインプロテインについてのまとめです。カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく、牛乳を原料としています。しかしホエイプロテインとは異なる製法で作られており、カゼインプロテインは吸収がゆっくりとしています。つまり長い時間、持続的に栄養を与えてくれるプロテインということになるわけですね。

飲むタイミングは、吸収が遅いので急がなくても大丈夫です。主に寝る前や間食の栄養補給に向いているのが、カゼインプロテインと言えます。これまでは、吸収の早さでホエイプロテインが評価されることが多くありました。しかし、持続的に長い時間栄養補給してくれるため腹持ちがいいことや、長い時間栄養摂取できていないときやお腹が減っているときに起こる、筋肉の分解を防いでくれる効果もあります。

例えば、筋トレなどのトレーニングをする1時間前に先ほど記述した吸収が早いホエイプロテインを摂っておきます。血中のアミノ酸の量を高めておくことで筋肉が付きやすくなるからです。その後、トレーニングが終わったタイミングで吸収力が遅いカゼインプロテインを摂って、ゆっくりと回復させるといったプロテインの使い分けをしてもOKですよ。

ソイプロテインの特徴と飲むタイミング

続いてはソイプロテインについてのまとめです。大豆を原料とした植物性タンパク質のソイプロテインは、タンパク質を含んでいる量が約90%になります。ホエイプロテインには及びませんが、たくさんの良質なたんぱく質を含んでいることは確かです。他のプロテインに比べて健康志向の強いプロテインと言えます。また、女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンも摂ることができるので、女性にもおすすめなプロテインと言えるでしょう。

当然、大豆に含まれる成分が入っており、代表的なものにイソフラボンというものがあります。このイソフラボンは、女性ホルモンの種類のひとつであるエストロゲンと似た働きをします。その効果として、老化防止や抗酸化作用を始め、皮膚のコラーゲン生成を進めて艶のある肌を保つことができます。さらに血流の促進効果もあり冷え症解消にも期待できます。また、自律神経の安定や動脈硬化の予防、強い骨を生成するなど幅広い嬉しい効果があります。

さらに、他のプロテインに比べるとイソフラボンの効果で甲状腺の機能を働きを活性化させることから、全身の細胞の代謝を高めるはたらきがあります。代謝が高まることで、ダイエットにも使えるソイプロテインですが、それを飲むと他のプロテインと比べて脂肪が落ちやすくなり、細マッチョを目指せます。また、男性ホルモンに拮抗するため薄毛予防にも効果があるので、「最近ちょっと薄くなってきたかも…」と心配な人にもおすすめです。

プロテインはどのくらいの量飲めばいい?

では、それらのプロテインをどれほど飲めば、細マッチョな肉体を作るうえで効果的なのでしょうか?プロテインの量はむやみやたら大量に飲むのではなく、体重1kgに対して2gが理想的とされています。つまり体重が60㎏であれば、1日あたりに飲む必要なプロテインの量は120gということになります。

意外にも少ない量と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。量が少ない理由は、人間が一度にたんぱく質を吸収する量にあります。その量は約30g~50g。重さで言えば、板チョコ3分の1から半分の量ということになります。さらに、プロテインは一気に飲むものではありません。運動したあとや寝る30分前など、1日3回ほどに分けて飲むと効果的です。一度に50gを越えるプロテインを飲んでも、何も効果は得られませんし意味がないので注意が必要です。

筋トレをしない日もプロテインは飲むべき?

細マッチョになりたいからといって、さすがに仕事などがあると、毎日は筋トレやトレーニングができない人もいらっしゃることでしょう。そんな日はプロテインを飲まなくてもよさそうですが、細マッチョな肉体を作るためには、筋トレなどができない日でも、プロテインを飲んだほうが好ましいでしょう。その場合は、吸収が遅いカゼインプロテインをおすすめします。

筋トレをしない日、できない日でもプロテインを飲んだほうがいい理由は、筋肉は体を休めているときに成長するからです。そんな日でも飲むタイミングは変わりなく、朝と寝る前に摂る程度で十分プロテインの効果を発揮できます。筋トレなどで細かく筋肉の組織が破壊された筋肉は、休んでいる間に修復されて強くなります(超回復)。そのため、このときにたんぱく質を筋肉に与えることが大切なポイントになってきます。

また、プロテインは食後に飲むといち早く細マッチョになれる効果もあるので、筋トレなどをしていない日の食後に飲むのもいいかもしれません。しかし、これには条件があり、普段の食事で十分なたんぱく質を摂取できなかったときのみです。プロテインを飲んだからといって筋肉がいきなり大きくなることもありませんので、しっかりと筋トレなどのトレーニングを行ってください。そして、必要な量だけプロテインを摂取することがポイントです。

ホエイプロテイン超え!? 細マッチョになれると話題 のサプリ「ビルドマッスル」とは?

みなさんビルドマッスルというサプリメントはご存知ですが?このサプリメントには筋肉を効率よくつける効果が期待できると話題になっています。このサプリを飲みながら運動し、細マッチョな肉体を手に入れた方によると、どうやら吸収率の高いホエイプロテインよりも効果が現れるのが早いとのこと。さらに、脂肪燃焼に効果のあるBCAAなどのアミノ酸も配合されているため、ダイエットの効果も折り紙付きのようですよー。

プロテインを超えた最先端のサプリメント「ビルドマッスル」とは?

サプリメントの粒タイプでGETできるという「ビルドマッスル」は、細マッチョを目指すみなさんの心強い味方になる栄養補助食品です。ツイッター上では、飲み始めてたった2ヶ月で魅力的な筋肉がついたという嬉しい効果の報告がたびたび見られます。どれほどその効果が出ているのか…?気になるところですね。

ビルドマッスルの詳細を見る

ビルドマッスルにはどんな効果がある?

「ビルドマッスル」はマメな人じゃなくとも普段の食事のときに4粒飲むだけで、効果が発揮できる手軽な商品です。もちろん簡単な運動と組み合わせることがポイントになってきますが、「ビルドマッスル」を使えば効率よく筋肉をつけて痩せることができるというわけです。

筋肉をつけるためには、今回の記事でも取り上げたプロテインというイメージが根強くありますが、プロテイン以上の効果が期待できる「ビルドマッスル」は、筋肉に必要なアミノ酸や栄養素だけが含まれています。つまり、プロテインよりもお得に、手軽に、なおかつ早い段階で筋肉をつける効果が期待できるわけですね。

いち早く細マッチョを目指すのならプロテインを摂るよりも、「ビルドマッスル」へ置き換えてみるというのも良いでしょう。日本に初上陸を果たした最先端のサプリメントを活用して、あなたも細マッチョボディを手に入れてみませんか?

なんと1か月分が実質0円で手に入るキャンペーン実施中

さらに今だけ限定!よりたくさんの細マッチョを目指す人たちにいち早く効果を実感してもらい、今後も愛用してもらうために、初回につき送料分の500円だけを払えば、「ビルドマッスル」1か月分が手に入るキャンペーンが実施されています

もし効果が実感できない場合は、全額返金可能な保証制度が付いているので安心です。おかげで手軽にお試しできますね。このキャンペーンは、先着300名のみになっていますので、気になったあなたは早めの申し込みを!カッコいい細マッチョボディーを手に入れてみるチャンスですよ!

ビルドマッスルの詳細を見る

プロテインには3種類の特長と飲むタイミングがありました。人それぞれ効果には個人差がありますが、運動しながら自分に合ったプロテインを飲んだり、ビルドマッスルを使ったりして、かっこいい細マッチョボディをGETしてくださいね!