女性のキレイを叶える

筋肉を落とさずに減量するにはどうしたらいい?ダイエットの正しい知識講座

痩せたいんだけど、筋肉は落としたくない。「筋肉を落とさずに減量するにはどうしたらいい?」というあなたへ。間違ったダイエット方法をすると、思ったほど痩せないばかりか本当に筋肉も落ちてしまいます。ダイエットするにあたり、ここでの正しい知識講座の基に効果的な減量を試みて頂きたいものです。

減量すると筋肉が落ちてしまうのは仕方ない?

間違ったダイエット方法が筋肉を落としてしまう!

ちょっと前のダイエット方法というと、断食に近い食事を断つ方法やバナナダイエットなどのそれだけのみ食べるダイエット方法がありました。これらの方法は確かに脂肪は落ちますが、同時に筋肉までも落とす結果になります。間違ったダイエット方法と言えます。

身体の「飢餓状態」は、とても危険!

あまりにも極端な食事制限をしてしまえば、身体はボロボロな状態、言い換えれば「飢餓状態」という身体になってしまうのです。この状態では少しでもエネルギー代謝を抑えようとして代謝が低下します。そうして、脂肪を溜めやすい身体になってしまいます。食べたものはほとんど代謝されないで身体に蓄えようとします。こうなると体重は落ちません。ほぼそれ以上は痩せません。

さらに、身体に脂肪分が足りないと判断すれば、筋肉を減らして脂肪を溜めて、身体を維持しようとするのです。これは、山などで、遭難者が少量の食糧や水だけで何週間も生き延びたというニュースを思い出していただければ、想像しやすいのじゃないでしょうか。

もし、身体がこの「飢餓状態」の時に、ダイエットを止めてしまったら、身体が脂肪を溜めやすい状態ですから、結果として大幅な体重増加というリバウンドになってしまうわけです。元のダイエット前の身体にさえ戻るのにはかなりな時間を要しますから、要注意なのです。

減量しても筋肉が落ちないようにするには!

減量すると筋肉が落ちてしまうのは仕方ないというのはやり方次第です。減量の仕方、ダイエット方法によっては、減量しても筋肉が落ちないのです。脂肪を燃焼させて筋肉を増やすという姿勢で臨みましょう。

また、焦らずに体重をゆっくり落とすようにすれば、長期の間で脂肪も効果的に落ちて、筋肉も作られます。短期(短気)はダイエットにおいても損ですよ!

個人差でも違う!体格によってカロリー制限を!

先ほどの「飢餓状態」になるまでの個人差があります。

体脂肪率が20%以上の高い方は、最初は摂取カロリーを多くカットしてもいいのです。脂肪過多なのですから、どんどん脂肪を減らすことです。ある程度痩せたなと感じたら、ここからあまり摂取カロリーを減らさないようにするのです。それが、体脂肪率が高い方の筋肉を落とさない秘訣です。

体脂肪率が20%未満の普通の方は、これからの食事の仕方に注目。目標の体脂肪率は15%以下ですよ!

なお、体脂肪率は体組成計の体重計で簡単に測れますから、そんなに高価なものではないので、お手元に1個用意するのがいいでしょう。毎日のダイエットの励みにもなりますしね。

▪amazonリンク:タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-313-WH

筋肉を減らさずに体重を落とすためには食事が重要!

前項でも述べたように、間違ったダイエット方法では、身体は筋肉が減り衰弱していくようなものです。では、筋肉を減らさずに体重を落とすための正しい食事の方法とはいかに?!

正しいダイエットにおける食事の基本を知り、体重を落とす!

正しいダイエットにおける食事の取り方は、1日3食バランスの良い食事を取ることが基本です。そのバランスの良い食事の内容に注目したいと思います。

ダイエットでは、低カロリーの食品を取ればいいと思われがちですが、低カロリーな食品というものは満腹感が得られないものが多いものです。低カロリーでも栄養素を含み、満腹感が長く持続するものを選ぶのがポイントです。

例えば、豊富な食物繊維を含む野菜やタンパク質が摂れる肉の赤身、空気を多く含んでボリュームがあるスムージー、水などが満腹感を満たすことでしょう。

食事の時に、何度も噛むことも満腹中枢を刺激して満腹感も得られやすいですよ。それに、噛むことで脂肪が分解されやすい「ヒスタミン」が分泌されていいことずくめです。噛めば噛むほど痩せると思えば食事中の意識が変わってきますね。

体内時計は変わらない!寝る3時間前には食べ終わる!

人間である以上、人間の体内時計というものは変化しません。脂肪という観点からみると、22時から脂肪を溜めやすくなります。2~4時が脂肪の蓄積ピーク時間です。

つまり、一般の人が寝ている時間帯が身体に脂肪を溜めているということです。寝る時間帯には食べたものが消化していなくてはならないのです。消化されないものはすべて身体に蓄積されるということになります。

ですから、寝る3時間前には夕食を食べ終わっていることが理想です。時間的に言えば、20時までには夕食を終えていること!21時以降の食事はすでに食べすぎということになるのです。

ダイエットには、時間を守る規則正しい生活も必要なのです!

血糖値が上がりにくい食品を取れば脂肪を抑えられる!

また、食べても太らないという食品もあります。それは、血糖値が上がりにくい食品でもあります。血糖値が上がると「インスリン」が多量に分泌されて脂肪細胞が肥大して太るということになります。この「インスリン」の分泌を抑えると、脂肪細胞の肥大を防ぎ痩せるということになります。

では、実際にどんな食品かというと、血糖値上昇値を表す「グリセミック指数」が低い食品です。次の食品別のグリセミック指数をご覧ください。

引用:【食品別のグリセミック指数】
・白砂糖、グラニュー糖 100
・菓子、ケーキ類 95
・精白パン 90
・ベークドポテト 90
・マッシュポテト 90
・蜂蜜 90
・人参 85
・餅(もち) 80
・うどん 80
・ジャガイモ(ゆで) 70
・白米 70
・トウモロコシ 70
・干しブトウ 65
・バナナ 60
・パスタ 55
・そば 55
・玄米 50
・サツマイモ 48
・ライ麦パン 45
・オレンジ 40
・牛乳 40
・リンゴ 38
・牛肉、豚肉(赤身) 35
・鶏肉(皮なし) 35
・魚介類全般 35
・卵 30
・グレープフルーツ 30
・イチゴ 28
筋肉を減らさずに脂肪だけを減らすには – 筋トレの嘘と本当~正しい筋肉の鍛え方~c

白米は指数がかなり高いですね。意外なのは、人参やジャガイモ、トウモロコシなどが指数が高いいということです。

白米は玄米に、ジャガイモはサツマイモに、トウモロコシをグレープフルーツに切り替えるなどして「グリセミック指数」の低い食品を選び、血糖値の上昇を抑えることが脂肪を抑えることになります。

そして、おかずは赤身の牛肉や豚肉、皮なしの鶏肉、魚をメインに考えて料理すれば、脂肪を抑えバランスの良い食事となることでしょう。果物も「グリセミック指数」が少ないですから、積極的に摂りましょう。

プロテインは必ず飲もう!

タンパク質を摂ろう!

筋肉を落とさずに減量するには、「タンパク質」の摂取量を多くすることが重要です。毎食事のタンパク質の量としては30~40g必要です。このタンパク質の摂取量を維持することで、体脂肪率を維持できます。前述の、赤身の牛肉や豚肉、皮なしの鶏肉などを積極的に摂ることです。

しかしながら、各食事ごとにタンパク質を多く含む食品を摂るのは大変ですし、30~40gという値の維持は難しいものです。しかもダイエットを考えての食品となれば限られすし、そればかりだと飽きてしまいますね。

筋トレにはたくさんのタンパク質が必要!

実は、タンパク質というものは消化吸収に時間がかかります。食事からのタンパク質の供給は、いざ筋トレをしようとした時、摂取量と消化吸収の問題もあって十分とはいえないことがほとんどでしょう。筋トレ時にはたくさんのタンパク質が必要なのです。足りないとすぐ疲れてしまいます。

プロテインを飲もう!

そこで、筋トレ時に「プロテイン」を飲めば、タンパク質の補充がなされ筋肉の分解も防ぐことができます。

「プロテイン」とは日本語で「タンパク質」という訳になります。タンパク質という健康食品になります。原料は、牛乳や卵の卵白、大豆などから作られます。必須アミノ酸がバランスよく配合されていてタンパク質合成を促進します。筋肉の分解を防ぎ、筋肉の育成には欠かせないのです。

「プロテイン」は短時間で消化吸収します。プロテインを摂取すると、直ちに消化器で消化吸収し、血中に入って筋肉へ送られます。筋肉の合成となるわけです。筋トレで、筋肉がタンパク質を欲しがっている、まさにその時にスムーズにタンパク質が届くのです。

プロテインはいつ飲むの?!

筋トレ前に飲めば、筋トレで疲れませんし、筋トレによる筋肉の分解を防ぎます。1~2時間前が最も効果があります。

筋トレ後に飲めば、筋肉を効率よく増加させます。これは、筋トレ後というのは筋肉作りを活発にする成長ホルモンが大量に分泌されます。この時、筋肉材料になるプロテイン(タンパク質)が供給されれば筋肉増強になるわけです。筋トレ後30分以内が最も効果的です。

就寝前1~2時間も飲むタイミングです。就寝後の30分~3時間が成長ホルモンが1日の内で最も分泌される時間帯なのでプロテインが効きます。

起床後も朝食時に飲めば効果的です。朝は体内に栄養素が残っていない状態です。エネルギーが足りなければ筋肉を分解してエネルギーにしようとします。プロテインがエネルギーを補充しますから朝から元気に過ごせるというものです。

グルタミンとHMBは筋肉の分解を防ぐ効果アリ

身体には、タンパク質と密接な関係があるアミノ酸があります。アミノ酸の中でも、筋肉に重要なのは「グルタミン」というアミノ酸です。そして、筋肉の増強に欠かせないHMBという代謝物質の効果を見てみましょう。

グルタミンは筋肉分解抑制あり!不足すると疲れが抜けない!

「グルタミン」はアミノ酸の1種です。身体の全アミノ酸の50%以上を占めます。筋肉分解の抑制効果をはじめ、疲労回復に効果があり、免疫向上の手助けや胃腸の働きを助ける効果がありと、身体にはなくてはならない成分です。

筋トレなどの激しい運動ではたくさんの「グルタミン」が消費されます。十分な「グルタミン」がないと筋肉を作るための「グルタミン」がエネルギーに回ってしまうということになります。結果、筋肉が補修されないので筋肉が落ちてしまいます。

この「グルタミン」は身体の中でも作れるのですが、激しい運動時には全然足りませんから、外部から補う必要があるのです。筋トレ後の食事でタンパク質や炭水化物を取っていても疲れが抜けないというようなときは、外部からの「グルタミン」補充に失敗し、「グルタミン」不足という状態です。

グルタミンは食事で摂るには難しい!サプリで摂るのが効率的!

筋肉強化や疲労回復、免疫向上にも効果がある「グルタミン」ですが、多く含む食品としては大豆や小麦粉になります。実は、この「グルタミン」は熱に弱いという特徴があります。食品から摂るときは、加熱などにより余計なカロリーを摂取してしまいますから、食事で摂るのは難しいといえるのです。

では、どうやって「グルタミン」を摂ればいいの?!

サプリメントで、効率的に「グルタミン」が摂れる!

筋トレ時にもサプリで簡単に「グルタミン」が摂れます。筋肉を守るためには、筋トレ後30分以内に「グルタミン」を摂取するのが効果的なのです。筋肉や身体の早急な回復につながります。筋肉の成長促進や明日の身体の維持、次回の筋トレまでの身体の維持も出来ます。

1日20g以内で摂りましょう。1回5g~10gをめどに、数回に分けてサプリを飲めばいいですよ。筋トレ前や就寝前に飲んでも筋肉の分解を抑えるのに効果があります。

サプリで「グルタミン」が摂れるので簡単でしょう!

HMBは筋肉減少を抑制!筋肉量増加に効果大!

HMBとはHydroxy Methyl Butyrateの略です。必須アミノ酸からできる代謝物質です。このHMBは筋肉減少を抑制するばかりか、筋肉の増量に大変効果があります。

1日3g必要とされています。3gあれば、筋肉量の増加や筋肉減少を抑制、筋肉の修復、筋肉の耐久性を強くするなどに効果があります。いうなれば、マッチョな体作りには必須な成分ということになります。

身体でも生産できますが、0.2g~0.4gという大変少量です。3gには到底及ばない量です。

また、HMBを作るためには大量のタンパク質が必要であり、3gのHMBを作るのに、手っ取り早くタンパク質が摂れる一般のプロテインに換算しても20杯分にあたります。

そんなに大量のプロテインを摂るのも大変そうです。

そこに、プロテインを超えるサプリメントが登場しました!

アミノ酸のバランスに優れた「ビルドマッスル」なら1日4錠で筋肉の分解を防いで減量もできる!?

プロテインを超えた、最先端サプリ「ビルドマッスル」が日本初上陸!

先ほどのHMBを作るためのプロテイン20杯分をたった4錠で補える「ビルドマッスル」は、筋トレと一緒に飲むだけで「痩せて」「マッチョ」になれるのです。これは最先端サプリと言わずになんと言いましょう。この「ビルドマッスル」が日本初上陸なのです。まずは、その効果の口コミから、

筋トレなどで筋肉に負担がかかった状態の時にアミノ酸を大量に必要とします。「ビルドマッスル」を飲むタイミングとして、筋トレ前や筋トレ中が最もオススメです。筋肉増強間違いなしです。

「ビルドマッスル」は筋肉に必要な成分を効率よく摂取する!

プロテインは筋トレにはなくてはならないもですが、プロテインを多く摂ろうとするあまりカロリーが高くなってしまっては筋肉が付く前に太ってしまうということにもなりかねません。プロテインは、カロリーを調整しながら必要な量の栄養分を摂取するということは面倒で難しいものです。

「ビルドマッスル」は筋トレ専用のサプリメントです。筋力増強に必要な栄養分だけを、効率的に摂取して効果が高いのです。

「ビルドマッスル」は、1日4錠が飲む目安です。これで筋肉増強に必要なHMB3gを摂取できます。体調に合わせて4~8錠で調整してください。多く飲めば早く効果が出るものではありません。

また、集中的に筋トレのみを行っても筋肉増強にはつながらないものです。筋トレ後の栄養補給や休養による回復が筋肉増強のポイントになります。

「ビルドマッスル」は、筋肉を作るアミノ酸などの栄養分を多く含み、回復に必要な成分をもバランスよく配合した最先端サプリです。飲めば飲むほど効果が表れます。

1ヶ月、2ヶ月と徐々に神レベルの効果が出るでしょう。お楽しみに!

いまがチャンス!実質0円で「ビルドマッスル」が始められる!

飲み続けて効果が出る「ビルドマッスル」が、いま1ヶ月分無料(0円)でもらえるという神キャンペーン実施中です。初回送料500円はかかりますが、実質0円で「ビルドマッスル」が手に入ります。

ただし、先着300名様までなので、チャンスを逃さずお急ぎください!

みなさんに効果を実感してもらうためのキャンペーンなのです。

「ビルドマッスル」には返金保証が付いている!

さらに、キャンペーン終了後でも、「返金保証」がついています。つまり、効果がなければお金が返ってくるということです。効果に自信がなければできないサービスです。

サプリと聞くと、副作用も心配の方もいると思います。「ビルドマッスル」は食品に含まれる成分を凝縮したものですから、身体に副作用のある成分は含まれていないのです。

万一、体質に合わないなと思った場合は、「返金保証」を利用してください。

なにも心配なく、安心して「ビルドマッスル」を始められるでしょう!

目指せ”痩せマッチョ”!!

筋肉を落とさずに減量するには、ダイエット方法の正しい知識が必要ですね。やみくもに無茶をしてダイエットしないようにしてください。そして、筋肉増強のたくましい身体になるには時間がかかります。途中であきらめない、あなたの強い意志が継続につながることでしょう。サプリを上手に使用して美しいシックスパック(割れた腹筋)目指してみてください。