女性のキレイを叶える

糖質制限しても、ダイエットにはあまり意味がない話

糖質制限しても、ダイエットにはあまり意味がない話

糖質を増やしても制限しても、ダイエットに関連する項目で影響がほとんどないみたいで、ダイエット中に無理して糖質制限しても意味ないんじゃね?って結果になっています。

実際の研究でも、糖質制限がダイエットに影響なしという結果に

肥満成人91人の対象としたデータになりますが、要はカロリー制限中に糖質の量を変えたらどうなるのか?って実験を行ったわけですね。

出典:PubMed

この実験では、以下の4フェーズで行われ、それぞれ4パターンの食事も与えられています。

  1. 5週間、体型維持のためのカロリーを摂取
  2. 12週間、摂取カロリーを33%減らす(このときに4つのパターンで食事をしてもらう)
  3. 5週間、体型維持のためのカロリー摂取
  4. 好きな食事をしてもらう、12ヶ月の経過観察

で、フェーズ2のときの食事内容は以下の通り。

  1. 高GI値、中糖質
    糖質54%|脂肪29%|タンパク質16%|GI値80
  2. 低GI値、中糖質
    糖質54%|脂肪31%|タンパク質16%|GI値51
  3. 高GI値、高糖質
    糖質70%|脂肪14%|タンパク質16%|GI値86
  4. 低GI値、高糖質
    糖質68%|脂肪16%|タンパク質15%|GI値59

という感じ。

要は「高GI値と低GI値の食事をしたときに、糖質量によって差が出るのか?」って内容ですね。

ちなみにGI値は「食後の血糖値の指標」のことなので、食後にどこまで血糖値が上がるのかって内容も調査しております。

そして、その結果、ざっくりしたデータとなりますが、糖質制限とダイエットの関係性は以下の通りになるようです。

  • 体脂肪の燃えやすさに変化なし
  • 糖質を増やしても痩せ方は一緒
  • GI値が高くても低くても同じように痩せた
  • ダイエットの質に影響なし
  • リバウンドの影響も変わらず

という感じになっていまして、糖質制限をしたところでダイエットに影響が出ないことが判明。

いくら糖質制限をしたところで、痩せやすくなるわけでも太りやすくなるわけでもないんですな。

糖質制限は寿命を減らす可能性もあり【どれくらい糖質を摂れば良いのか問題】

糖質制限しても意味がないなら、どれくらい糖質を摂取しても大丈夫なの?って話になりますが、もちろんながら糖質を摂りすぎても駄目なわけですね。

こちらもデータがありまして、15,428人の食生活を25年間調査した観察研究で、食事内容や炭水化物の摂取量を調査して、総死亡率をチェックした内容となっています。(※詳細)

以下が調べた内容。

  • 食事内容
  • 炭水化物の摂取量と総死亡率の相関

そして、それに関しての内容と結論が以下のようになりました。

  • 糖質50%前後が死亡率が最も低い
  • 糖質が少なすぎる、多すぎても死亡率が上がる
  • 50歳くらいの人が50%の糖質を摂取し続けると、低糖質より寿命が4年上昇、高糖質と比べても1年長くなる

という感じになっていますので、糖質を摂取するにも50%を目指せば良いと。制限し過ぎもよくないってことが分かっています。

何事もバランスが大事なわけですね。